007 中国四千年の智恵 故事ことわざの語源202(野口定男)


鉄筆文庫007
中国四千年の智恵 故事ことわざの語源202
野口定男
本体価格800円(税別)
ISBN 978-4-907580-08-7
発売日 2016年5月23日
【内容紹介】
好評既刊『世俗の価値を超えて-菜根譚』の著者が、その2カ月後に刊行した名著を鉄筆文庫で復刻。「石に漱ぎ流れに枕す」「五十歩百歩」「柔よく剛を制す」「断腸」「泣いて馬謖を切る」「背水の陣」「明鏡止水」「羊頭狗肉」「禍を転じて福と為す」などなど、日本に長く伝わる故事・ことわざ202の語源をわかりやすく解説した啓蒙書です。
<装画>キリハリエ・Emi
【野口定男】
のぐち さだお 元立教大学文学部教授。専攻は中国哲学。1917年神奈川県横須賀市生まれ。1940年東京帝国大学卒業。1947年立教大学予科講師となり1951年文学部助教授、1959年文学部教授に昇格、1970年日本文学科長に就任。体育会野球部部長、全日本大学野球連盟専務理事などを歴任。1979年没。