2015年11月18日水曜日

鉄筆文庫12月新刊案内

鉄筆文庫の次回新刊は、フランスのノーベル文学賞作家、ロマン・ロランが第一次大戦中に執筆し、大戦後の1920年に発表した恋愛小説『ピエールとリュース』です。戦時下のパリで繰り広げられる汚れを知らぬ若い男女の悲恋の物語。私は中学生の時に角川文庫版を読んで、不眠に陥るほどのショックを受けました。
いつものように書店初回希望数を承ります。11月30日(月)締切。